富谷洋介建築設計『四分円階段が繋ぐ家』

富谷洋介建築設計『四分円階段が繋ぐ家』

今回の建築作品インタビューでは、富谷洋介建築設計の富谷洋介さんが手がけた作品『四分円階段が繋ぐ家』をご紹介します。

『四分円階段が繋ぐ家』は、この住まいは中古住宅を購入された施主様のためのリノベーションです。
元々は十分な大きさを持つ建物ではありましたが、動線が悪く中に住まう人が快適に、楽しく済むことが想像できない内部空間でした。そこで大きすぎた吹き抜けにブリッジと円弧状の階段を設けることで1・2階の繋がりを高めつつ落ち着きを与え、メゾネットのようにワンルームを使えるようにし、LDKは無垢の素材などを中心とし家族が密にコミュニケーションをとれる空間に刷新しました。
ペレットストーブによる火が見えるくつろぎのエリアや、車座で家族が集まれるベンチ・小上がりエリア、繋がりながらも閉じることのできるスタディコーナーなど、各所に人がたまれるスペースを作ることで、ワンルームの中で家族が繋がりながらも見え隠れする、快適なゆとりある空間を目指しました。

四分円階段が繋ぐ家01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

平岡ベース、くらしくらぶ経由です。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

リフォームデザインの経験があり、優先事項である木のキッチンと調和するデザインができる事です。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

土地や資金面など条件面をある程度決めている状態でした。

Q.施主さんの最終的な決め手は何でしたか?

プレゼンテーションの提案が決め手でした。

四分円階段が繋ぐ家02

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

3回程度です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

木のキッチン、家族が楽しく暮らせる空間、水回りの刷新です。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

3回程度です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

既存の詳細設計図が少ない建物で、構造的・断熱的等の根本的な元々の建物の性能を担保・また向上する方向としながら、住まわれ方をより良くするという事は、新築とはまた違った与条件の中での提案となり、楽しくもあり悩んだポイントでした。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

木のキッチンです。

四分円階段が繋ぐ家03

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

2回です。相見積もりも取りました。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

経験値からいくつかのメーカーの特徴、また製品をご提案し、ショールーム等の見学を行い決定しました。キッチンに関しては造作のオーダーキッチン(匠龍木工社)を前提としていたため、建物のデザインとの調和、総体コストとのバランス等で打ち合わせ・検討しました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

少し濃い色の樹種がお好みでしたので、いくつかのご提案の中で、着色ではなく樹自体の色で存在感のあるチェリーの床材を採用しました。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

キッチン回りの使い勝手、デザインです。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

特にありません。

四分円階段が繋ぐ家04

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

2ヶ月程度です。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

張り替えた無垢フローリングに予想より良いと喜んでいただき、改修範囲ではなかった部屋に関しても無垢フローリング張りを追加しました。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

改修ですので開けてみて想定と違うという点もあり、細やかな現地確認が必要でした。

四分円階段が繋ぐ家05

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

特にありませんでした。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

工務店さんの点検への立ち合いにより調整をさせていただきました。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

続いています。

SHARE
Previous articleヨコイツトム建築設計事務所『八事の家』
Next article後藤耕太建築工房『鵜沼の家』
建築設計とは表面だけをとらえると、単なるものづくりであり、場所づくりと捉えられがちです。 しかし、私たちが本当に設計しているのは物ではなく、そこで流れる時間であり、生まれる出来事の始まりのきっかけです。 人の心は今まで起きた出来事によって形づくられており、そしてこれからもそうです。 心を動かす素晴らしい空間はそこを使う人たちのことを想い、繰り返し反芻することから生まれます。 一緒に考え、誇りになる居場所を創りましょう。