FOAS大橋史人建築設計『ApartmentT』

FOAS大橋史人建築設計『ApartmentT』

今回の建築作品インタビューでは、FOAS大橋史人建築設計の大橋史人さんが手がけた作品『ApartmentT』をご紹介します。

『ApartmentT』は、賃貸ワンルームマンションの改修作品です。6畳+設備ユニットのコンパクトな4室を3室のワンルームとしました。
入居者が工夫して暮らしてもらえるよう、連なった引戸によりワンルーム空間に変化をつけられるようにしています。また、西日の強いバルコニー面の掃き出し窓部分には、杉の三枚折戸の網戸により外部と仕切られており真夏の陽射しを遮り、爽やかな風を届けます。

ApartmentT01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

もともとよく知っている仲でした。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

親戚で近しい仲だったため。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

かなりの専門知識を持っていらっしゃいました。現在の問題点について、解決でき、入居者が少しでも心地よく過ごせることを第一条件にしていらっしゃいました。

Q.当初どのような点に苦労されましたか?

強い西陽対策です。