Atelier Den『茅ヶ崎のスキップフロア住宅』

Atelier Den『茅ヶ崎のスキップフロア住宅』

今回の建築作品インタビューでは、Atelier Denの工藤淳一さんが手がけた作品『茅ヶ崎のスキップフロア住宅』をご紹介します。

『茅ヶ崎のスキップフロア住宅』は、実家のわずかに空いていた土地において、主屋を一部減築する事で、計画敷地を確保して完成した作品です。
3方を隣家で囲まれた建築条件の悪い「狭小敷地」においては、「いかに明るく風通しの良い内部環境を実現させるか..」が命題であり、同時に「どこに居ても家族の気配が感じられる空間構成」が求められました。
実際の計画においては、「スキップフロア」の採用と「開口部の配置計画」が特に大きな要素になっていて、これにより、外部環境を効果的に取り込みつつも、プライバシーが確保された開放的な居住空間が実現されました。

茅ヶ崎のスキップフロア住宅01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

自社のホームページです。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

住宅メーカーや展示場などをある程度回って情報集めをしていた状態でした。

Q.最終的な決め手は何でしたか?

プランニングとデザイン、予算計画です。

茅ヶ崎のスキップフロア住宅02

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

5回程度です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

実家の土地を有効活用したいとのことでした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

基本プランは初回で決定できました。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

敷地の特性を読み取るところです。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

スキップフロア特有の自由な空間の広がりです。

茅ヶ崎のスキップフロア住宅03

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

修正含め3回です。相見積もりは取りませんでした。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

ショールームでの選定・確認も一緒に行いました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

無垢の床材(ラスティックグレードのメープル材)の使用です。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

空間構成です。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

特にありませんでした。

茅ヶ崎のスキップフロア住宅04

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

6ヶ月程度です。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

特にありませんでした。完成後のすり合わせでは、モルタルの金鏝仕上げ部分で、保護塗料の仕上り具合にご指摘があり、工務店にて塗り直し対応していただきました。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

現場レベルでの細部の納まりです。

茅ヶ崎のスキップフロア住宅05

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

特にありませんでした。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

特にありません。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

続いています。