大石かおり一級建築士事務所『大宮の家』

大石かおり一級建築士事務所『大宮の家』

今回の建築作品インタビューでは、大石かおり一級建築士事務所の大石かおりさんが手がけた作品『大宮の家』をご紹介します。

『大宮の家』は、ロフト階を1階と2階の中間につくり、家の重心となる1階リビングから中2階のロフトとデスクスペース、2階のフリースペースまでをスケルトン階段で繋ぎ一体空間としています。
それぞれの居場所が緩やかに繋がり、採光も補い合いあらゆる時間帯で自然光が入ります。また風通しが良いため、夏場の光熱費は極端に抑えられます。無垢の埼玉県産の西川杉を構造にはもちろん、外壁、巾木、床、窓枠、カウンター、階段に使用し、穏やかで心地よい住まいを実現しています。

大宮の家01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

自社のホームページです。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

過去の作品を見てお問い合わせいただきました。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

まったく知識のない状態でした。

大宮の家02

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

3回です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

子供たちが走り回れる、エコな家にしたいということでした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

3回です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

工事見積りが予算を大きく超えてしまい、調整に時間がかかり、中二階を設けた事で構造の打ち合わせにも時間を要しました。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

自然光や周囲への眺望など、窓の配置です。

大宮の家03

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

5回です。相見積もりも取りました。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

各社のショールームをまわり比較検討して気に入ったものを選びました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

埼玉県産の西川材の使用です。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

省エネ設備の選定です。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

全面道路幅が狭く上棟のクレーン車が道を塞ぎ迷惑を感じる方もいたかもしれません。

大宮の家04

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

4ヶ月程度です。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

コンセントの位置などです。完成後のすり合わせは、ほぼ当初のイメージに近かったため問題ありませんでした。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

杉が柔らかいので、傷つけないように気を遣いました。また、無垢材を使ったシンプルな仕上げが多く、表面に釘などを出さないように仕上げを気遣いました。

大宮の家05

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

特にありませんでした。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

ウッドデッキが経年劣化したため、塗装し直しました。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

続いています。