Atelier繁建築設計事務所『三つ屋根の家』

Atelier繁建築設計事務所『三つ屋根の家』

今回の建築作品インタビューでは、Atelier繁建築設計事務所の杉浦繁さんが手がけた作品『三つ屋根の家』をご紹介します。

『三つ屋根の家』は、遠くない将来、老後を向かえるご夫婦がこれから過ごされるお宅。LDK・寝室・ホール・和室と水回りの三つのブロックに分かれ、それぞれに流れ・陸屋根・切り妻の三つの屋根を掛けています。その小屋裏は部屋に開放された吹き抜け天井となり、それぞれに趣きのある意匠を持つ空間が大きく開放された開口部でつながる開放感と一体感に溢れる、とても印象的な空間が出来上がりました。

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

ご紹介です。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

過去の建築作品を気に入っていただけたことがきっかけでした。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

他の建築事務所も回って情報収集していた状態でした。

Q.施主さんの最終的な決め手は何でしたか?

いくつかの設計事務所をまわってこられましたが、決め手はお聞きしていないのでわかりません。

三つ屋根の家01

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

勘定できません。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

将来に備えたご夫妻二人の広々とした平屋でお庭を残したいとのことでした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

10回程度です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

元の建物の取り壊しが非常に難しかったです。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

庭をお宅の中へ取り込みたいとのことでした。

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

競争入札でした。相見積もりも取りました。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

こちらからご提案したものを採用しました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

桧と吉野杉を使いたいとのことでした。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

取り壊しのさいにお隣の庭が崩れないよう苦労しました。

三つ屋根の家02

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

6ヶ月程度です。

.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

諸々ありました。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

全て難しかったと言われました。

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

特にありませんでした。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

今の段階では特に伺っておりません。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

たまに連絡がある程度です。