株式会社浜﨑工務店一級建築士事務所『家の中に街をつくる』

株式会社浜﨑工務店一級建築士事務所『家の中に街をつくる』

今回の建築作品インタビューでは、株式会社浜﨑工務店一級建築士事務所の濱嵜良実さんが手がけた作品『家の中に街をつくる』をご紹介します。

『家の中に街をつくる』は、1階の一部が店舗だったRC造2階建て店舗併用住宅のフルリフォーム作品。1階はすべて店舗とし、2階に住宅機能をすべて持ちあげています。無駄になっていた既存小屋裏空間を有効に使い、2階に街のような空間を出現させようと考えたのが特徴。基本的に大きな一体化した空間をつくり、そこに必要なボリュームを散在させ、床のレベルを上下に操作し、街の中にいるように感じる大らかさ、楽しさを追求しました。
内装や仕上げはすべてクライアントの趣味で決定し、いわゆる建築家好みの仕上げや実験的表現は一切追求していません。俗でありながら、しかしどこか不思議な街角的な空間の実現、そして経年の変化とともに、味のある街並みが形成されることが期待されます。

家の中に街をつくる01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

インターネットのコンペサイトです。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

過去の事例をご覧いただいて、お問い合わせくださいました。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

他の建築事務所も回って情報収集していた状況でした。

Q.施主さんの最終的な決め手は何でしたか?

提案の空間性だったと思います。コンペも行いました。

家の中に街をつくる02

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

5回程度です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

要望に即した提案(無償)を見たいということでした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

2回程度です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

ご要望と予算のすり合わせです。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

ライフスタイルのテイストです。

家の中に街をつくる03

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

2回です。相見積もりも取りました。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

アドバイスは求められましたが、基本的にお客さまが好みのアイテムを選択されました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

壁や床、塗装の仕上げなど比較的細かな部分までこだわりを持った指示がありました。壁や床、塗装の仕上げなど。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

仕上げのテイストとイメージです。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

特に大きなトラブルなどはありませんでした。

家の中に街をつくる04

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

3ヶ月程度です。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

特にありませんでした。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

リフォームだったので、既存部分の施工精度が悪く、調整に手間取りました。

家の中に街をつくる05

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

ガス湯沸かし器が作動せず、お湯が出ないと苦情がありましたが、クライアントさんの操作ミスで、笑い話で済みました。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

今のところありません。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

特に続いていません。