ヨコイツトム建築設計事務所『整骨院』

ヨコイツトム建築設計事務所『整骨院』

今回の建築作品インタビューでは、ヨコイツトム建築設計事務所の横井努さんが手がけた作品『整骨院』をご紹介します。

この作品は、住宅が建ち並ぶ一角にある接骨院です。一流アスリートのケアにも使われる最新の電気療法機器を揃え、スポーツ障害やトレーニング指導を専門としています。
横長のファサードで強調された厚い庇と壁をアクセントとし、外壁の色合いと軒裏の板貼りで落ち着いた雰囲気を与える医院としています。
待合室に設けた大きな窓が、内部の雰囲気を伝えて利用者を安心させるようなつくりとなっています。内装は、濃い色のフローリングで落ち着きを連続させつつ、清潔感の感じられる白を基調としました。

整骨院01

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

知人の紹介です。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

過去の実績をご覧になったことがきっかけです。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

かなりの専門的知識を持っていらっしゃいました。既に設計事務所と建物を建てたことがあったので、仕上げや間取り使い勝手、金額などについても、それなりに把握されていました。そのため施工精度を高く求められました。