アース・アーキテクツ一級建築士事務所『3-BOX 1800万円の家』

アース・アーキテクツ一級建築士事務所『3-BOX 1800万円の家』

今回の建築作品インタビューでは、アース・アーキテクツ一級建築士事務所の鷲巣渉さんが手がけた『3-BOX 1800万円の家』をご紹介します。

『3-BOX 1800万円の家』は、「解放感のあるコンパクトな住宅」というコンセプトのもとに5.46m×5.46mのBOXを3つ重ねてコンパクトさを追求しました。
開放感にあふれている為、延べ床面積27.5坪ながら狭さを感じさせません。 無駄を極力省いて1800万円(税・エアコン・カーテン・地盤改良・設計料・抵当権設定・登記費用・諸費用等別途)で、満足のいく仕上げが出来ました。
一般的に「開口部の大きい建物は耐震性に劣る」場合が多いですが、この住宅は「サッシの内側に筋違を入れて耐震性能を確保」してあります。その結果「構造計算上は耐震等級3に限りなく近い耐震等級2」となりました。

3-BOX 1800万円の家01

1.施主さんとの出会い

Q.まずは手がけられた物件についてご紹介ください。

買い替えの家具と家電品も含めて2500万円の予算で相談を受けました。プラン前の段階で必要経費を算出して(外構工事、エアコン工事、カーテン・ブラインド工事、分筆・登記、解体費用、家電・家具買い替え費用、税、設計料の合計700万円)残りの金額1800万円でプランをスタートしました。敷地が60坪の角地という好条件の立地の為、建築主様の要望は庭をキッチリと造り解放感に溢れた家を希望されていました。1回目のプランで概算見積り(かなり詳細)をしましたが、工務店に依頼すると予算をかなりオーバーしてしまうので、直営工事(設計者が現場監督と予算の管理)でおこなうことを提案し、建築主の了承を得て計画がスタートしました。

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

知り合いのご紹介でした。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

少ない予算でも「納得のいく住宅」を希望されていました。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

土地や資金面など条件面をある程度決めている状態でした。

Q.施主さんの最終的な決め手は何でしたか?

「プランニングの出来」と「予算管理の正確さ」を気に入っていただきました。

3-BOX 1800万円の家02

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

3回程度です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

庭の緑と開放感、そして予算の上限でした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

1回目でプランは決定しましたが、細かな修正まで含めると10回近くは打ち合わせをしました。半分ほどはメールでのやり取りでした。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

厳しい予算でしたので、プランの決定前に「入念な概算見積り」をして予算配分を決定するために多くの時間を要しました。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

解放感と無垢板の素材(床・天井)の使用です。

3-BOX 1800万円の家03

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

直営工事の為、職種によっては複数の職人さんから見積りを取りました。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

厳しい予算でしたので、後で取り換え可能な設備機器は汎用品の安いものとしました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

特にありませんでした。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

断熱材の施工と気密性能を気にされていましたが、職人さんの仕事を見て納得されていました。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

職人さんがキッチリとしていましたので、まったくありませんでした。

3-BOX 1800万円の家04

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

5か月+本体完成後、年をまたいで外構工事1か月ほどです。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

地盤が軟弱でしたので、構造計算上は問題がありませんが、建築家の提案で基礎下の土の悪い部分を入れ替えました。

Q.工事が完了した後にイメージが違うという話しは出ましたか?

入念に打ち合わせをしたため、本体工事はありませんでした。これから庭造りが始まりますので、庭に関してご相談があるかもしれません。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

追加工事の「基礎下の土の入れ替え」を行った時に、予算の組み直しに苦労しました

3-BOX 1800万円の家05

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

2階のエアコンの屋外機を勝手口のひさしの上に置いたのですが、エアコンの始動時に1階の寝室に音が響くと指摘されましたので、屋外機を1階に置くつもりです。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?

竣工して数か月ですので、まだ分かりません。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

たまに連絡がある程度です。

SHARE
Previous articleJu Design 建築設計室『m-邸/ww』
Next article目指せ億万長者!お金持ち風水
人それぞれに個性があります。 住宅のかたちも人それぞれだと思います。 安全、性能、使い勝手、良心的なコストなどは住宅の基本部分です。 それ以外に居心地の良さ、気持ちの良さ、暖かな温もり感なども、 長い年月を共にする住宅には必要な感性の要素だと考えています。 コストとのバランスを整えながら、「シンプルで気持ちのいい住宅」 を提供していきたいと思っています。