&Architect一級建築士事務所『宝塚の素朴な住まい』

&Architect一級建築士事務所『宝塚の素朴な住まい』

今回の建築作品インタビューでは、&Architect一級建築士事務所の阪本剛史さんが手がけた『宝塚の素朴な住まい』をご紹介します。

『宝塚の素朴な住まい』は、宝塚の自然豊かな場所に立つ小さな住まいです。約6畳大の玄関から廊下を作らずリビング空間を一体的に計画しています。リビングは玄関より約80㎝上がっている為、仕切りはないが段差での意識の違いを図っています。
また玄関に面したストリップの階段が広がりと上部空間への上昇感を期待させています。床には無垢のフローリングを使用し壁は漆喰をセルフビルドで仕上げるなど素材と手触りを大切にしてつくり上げた住まいとなっています。

1.施主さんとの出会い

Q.まずは手がけられた物件についてご紹介ください。

借景の豊かな宝塚の小さな住まいです。この住まいは造園業者の植栽畑を住まいの庭に見立てて設計を行っています。住まいを計画する際には必ず、計画地を取り巻く周囲の環境が大きく影響してきます。この計画では造園畑です。土地は30坪ほどしかありませんが外部の環境を室内に取入れることでわざわざ庭を造らなくても豊かな四季を感じることができます。
また自然素材をところどころに活用し、心と身体に優しくまとうような空間に仕上げています。施工途中には住まい手及び関係者でコテを持ち、内部の壁に漆喰を塗るなど用意されたものだけでなく自分自身が仕上げるという感覚を持っていただく事を大切にしています。

Q.施主さんはどのような経路で問い合わせて来られましたか?

ご紹介でのお問い合わせでした。

Q.施主さんの問い合わせの動機はどのようなものでしたか?

環境や住まいのつくり方に対する姿勢に共感を頂きました

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

住宅メーカーや展示場などをある程度回って情報集めをしていらっしゃいました。

Q.コンペはご希望でしたか?

特にコンペは望まれていませんでしたが、勉強のために住宅メーカーの展示場などを回られていました。

Q.施主さんの最終的な決め手は何でしたか?

コスト面も考慮し、すべてをオーダー製作するのでなく、既製品を上手に取入れたデザインのバランスです。

宝塚の素朴な住まい01

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

10回程度です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

開放的で落ち着きのある空間をご希望でした。

Q.図面などの具体的な提案は何回ほど行いましたか?

10回程度です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

強いて言うと借入予算の関係で銀行決定に時間が掛かった事です。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

階段のデザインと空間の一体性です。

宝塚の素朴な住まい02

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは何回ほど提出しましたか? また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

3回程度提出しました。見積りを取りませんでした。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?

メーカーショールーム等を見学し、メイン設備はメーカー品として洗面台やトイレの手洗いなどを造作しました。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

無垢のフローリング材の使用です。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

色合いを含めた室内空間の落ち着き感です。

Q.工事に際し、ご近所トラブルなどはありませんでしたか?

特に大きなトラブルなどはありませんでした。

宝塚の素朴な住まい03

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

5か月ほどです。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

都度追加要望は有りましたが可能な限り取り入れながら進めました。

Q.工事が完了した後にイメージが違うという話しは出ましたか?

入念に打ち合わせをしたため、本体工事はありませんでした。これから庭造りが始まりますので、庭に関してご相談があるかもしれません。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

階段回りの納まりと材料選定です。

5.完成から入居後について

Q.初期不良の相談はありましたか?

発生していません。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?また、それに伴うメンテナンスも変わらず行ってますか?

内装壁の目地のクロス切れ、塗り材のヘアークラックが挙げられます。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

続いています。

SHARE
Previous articleあなたの運をアゲる開運パワースポット
Next article愛されてハッピーに!恋愛風水
丁寧にじっくり創ることは勿論ですが、お施主様と一緒に楽しみながらワクワクを共有することを心掛けています。 また条件や予算に応じて、こちらの提案を押し通すのではなく時に既製品を利用したり、DIY(セルフビルド)にて部分的に施工するなどしながら記憶に残る家づくりをしています。 打合せでは良くお施主様とお互いの趣味の話にのめり込み過ぎてほとんど本題の打合せをしないまま終えることもございます。ともあれ、大切な想いを共有することが最良の空間づくりに繋がると信じております。 設計事務所は堅苦しく敷居の高い場所ではありません。 むしろリラックスし羽を休めに来るつもりでご相談ください。 スタッフ一同、万全の態勢でお待ちしています。