高島伶明の「5次元波動風水」連載——プロローグ

幸せをもたらしてくれるものとして浸透した「風水」。「興味はあるけど、一体どういうものなんだろう……?」という人も多いかもしれません。そこで今回から、愛知県を拠点に活動しているスピリチュアルアドバイザーの高島伶明さんによる「5次元波動風水」をテーマにした連載がスタート。今回はプロローグをお届けします。

高島伶明の5次元波動風水 - プロローグ

 突然ですが、マンガ『ドラえもん』の4次元ポケットにあこがれたことはありますか? 扉を開けた途端に好きな所へ一瞬で行ける「どこでもドア」や、ちょこんと頭にのっけただけで、重力を無視したように空を飛べる「タケコプター」……かく言う私も、たくさんの便利グッズが次から次へと出現する未来のトビラ「4次元ポケット」が本当にあったらいいなと思ったことがあります。

 ところでこの4次元ポケットにはとても長い正式名があって、「ロボット専用4次元空間内蔵秘密道具格納ポケット」といいます。

 「4次元空間内蔵秘密道具……4次元空間内蔵……」と考えていたら、これって風水理論と共通するものがある!と、私はひらめきました。古代中国から伝わる風水学の知識は、実は「5次元空間」からの情報だったのではないかと考えたのです。

 3次元の縦×横×高さの空間に時間軸が加わったものが4次元で、その時間軸が無数にある空間が5次元とされていて、この5次元はパラレルワールドともいわれています。このパラレルワールド理論はすでに映画などのエンターテイメントの世界ではお馴染みですよね。こうしてパラレルワールドという考え方が浸透していること自体、すでに私たちは5次元とつながっているということでもあります。意識は磁石のように意識したものとつながるのです。

 ちなみに数霊的にも、3・5・7・9という奇数と、2・4・6・8という偶数にはそれぞれに強い結びつきがあり、共鳴します。そうした意味でもこの3次元とつながる次の次元は5次元であるといえます。

 ここでもっとも重要なキーワードが「意識する」ということです。最近は誰もが「意識すること=強く願うこと=念(おも)うこと」の大事さに気付きはじめています。その例として、成功や豊かさを手にすることができるといわれている「引き寄せの法則」や日本語に秘められた「言霊の法則」、そしてすべてのものには意志と意識があると考える「波動の法則」などがあります。風水も、この「意識する」ということは大いに関係します。

 この「5次元波動風水」とは、数千年にわたり受けつがれてきた風水理論に言霊のパワーと波動エネルギーの解釈をミックスしたもので、更にここにとても大事な「遊び心」もプラスしています。損得を超えた心の高揚感はとても波動の高い状態となるのです。

 それらを活用して私たちが望む現実に創り変える。なんとも欲張りな感じですが、大いに欲張ってください。今は、誰もが幸せで豊かになれる時代です。

 この「5次元波動風水」は決して他者を害することなく、自分を大切にしながら、幸せを実感していただくための実践法なのです。

 次の章では必要最小限にしぼり込んだ風水の基礎知識を紹介します。