お手軽、窓ガラス掃除術!新聞紙ボールでピッカピカに

窓ガラスの掃除って結構大変ですよね。手あかやホコリなどの汚れが目立つところですが、面積が広いですし、拭き跡が残ったりするので、ついついほったらかしにしがちです。

でも、いざガラス掃除をして、窓がきれいになると達成感がありますし、汚れが落ちると日差しもたっぷり入って、部屋が明るくなりますので、大掃除を始めるときには、まずは窓ガラスをピカピカにすることをオススメします。

そこで、今回は簡単で手軽に窓ガラスがきれいになるうえに、経済的でエコな新聞紙を使った掃除方法をご紹介します。

窓ガラス掃除に新聞紙を使うのが効果的な理由

新聞紙に使われているインクは、顔料や樹脂、溶剤、大豆油が主成分で、このインクが窓についた油分などを分解して汚れを落としやすくし、ツヤを出す効果があります。

また、新聞紙は繊維が細かく、油分の吸着や吸湿性が普通の紙よりも優れていますので、ガラスの汚れを拭き取るには最適なのです。

窓ガラス掃除の準備

窓掃除に適した天気

張り切ってガラスの掃除をするとなると、どうしても晴れた日を選んでしまいがちですが、実は晴天は窓拭きに向いているとは言えないのです。

窓の汚れは、乾燥してガラスにこびりついているので、晴れた日にその汚れを落とそうとすると、かなりの時間と体力が必要になりますし、水分がすぐに乾くので、拭き跡が残りやすくなります。

ですので、窓掃除に適した天気は、ガラスの汚れが湿気を吸って落ちやすくなっている、曇りで湿度が高い日なのです。

もし、晴れた日に窓掃除をしなくてはならない場合は、霧吹きなどで窓ガラスに水をかけて時間を置き、汚れを浮かしてから窓拭きを始めましょう。

用意するもの

  • 新聞紙
  • ぬるま湯を入れたバケツ
  • ゴム手袋
  • ゴミ袋

昔は身近にあった新聞紙ですが、現在はインターネットでニュースを見る方が多くなっており、自宅で新聞を取っていないというご家庭も多いことでしょう。

そのような場合は、新聞販売店やご近所の方に古新聞を分けてもらうか、100円ショップなどで包装用に使われている新聞紙をためておくと良いでしょう。

新聞紙の見開き1枚を半分に切って、手のひらに収まるくらいの大きさに丸めた新聞紙ボールをいくつか作ります。たくさんの窓を拭くときは、この新聞紙ボールをある程度作っておくと便利です。

新聞紙のインクで手が黒くなってしまう場合があるので、ゴム手袋を着けて窓拭きを行います。

新聞紙で拭いた後は、ゴミが出ますので、ゴミ袋を広げて掃除すると効率的です。

窓ガラス掃除の手順

窓拭きは外側から始める

新聞紙ボールをぬるま湯で濡らし、窓の外側の上から下に向かってギザギザを描くように拭き始めます。

外側から掃除を始めるのは、外側をきれいにすると、内側を掃除するときに磨き残しを見つけやすいからです。

窓の外側の汚れは、雨や風で運ばれた砂、チリ、排気などで、窓の内側の汚れは、油を含んだ水蒸気、ホコリ、ヤニ、カビ、手あかなどで、大抵外側のほうが汚れがひどく、磨き残しも多くなります。

乾いた新聞紙で水分をとる

まんべんなく拭いたら、乾いた新聞紙ボールを使って、窓ガラスの上から下に向かって円を描きながら水分を拭き取ります。この時、拭き跡が残らないように気をつけましょう。

内側のガラスを掃除する

同じような手順で窓ガラスの内側を掃除します。外側と違って、床が濡れないようにシートを敷いておくなど、お部屋に合わせた準備をしておくと良いでしょう。

しつこい汚れの掃除法

上記の方法で落ちない汚れは、たっぷり濡らした新聞紙ボールでガラスを濡らす感じで一拭きし、汚れを浮かせます。

その後、少し濡らした新聞紙ボールで拭き、仕上げに乾いた新聞紙ボールで拭きあげます。

濡らし具合を変え、拭くのを1回増やしただけですが、かなり汚れた窓でもきれいになります。

それでも取れない油汚れには

油汚れなどがひどい窓には、中性洗剤を薄めた水に新聞紙を浸し、広げた状態で窓に貼り付け、しばらく置きます。

その後、貼り付けておいた新聞紙で浮いてきた汚れを拭き取ります。仕上げに乾いた新聞紙ボールで拭きあげると良いでしょう。

窓ガラスの四隅の汚れの掃除法

なかなか掃除しにくいガラスの隅を掃除するには、塩を使うと効果的です。

新聞紙の端を千切って、少し水に濡らし、塩を少量付けてこすります。塩の粒が隅や、指の届きにくいところに入り込んで、こびりついた汚れを取り除いてくれます。

汚れが落ちたら、ぬるま湯で濡らした新聞紙で塩分を取り除き、最後に乾いた新聞紙で拭きます。

また、ガラス窓のゴム部分はカビが生えやすいので、使い古しの歯ブラシなどでこするのがオススメです。

窓のレールの掃除法

窓のレールには、ホコリなどの汚れが溜まってこびりついています。ガラスをきれいにしたついでにレールもお掃除しましょう。

用意するもの

  • 使い古しの歯ブラシ
  • つまようじ
  • 古布

歯ブラシを濡らし、レールに沿って磨いていきます。歯ブラシが入らない部分は、つまようじで汚れを取ります。最後に古布で拭きあげます。

レールの汚れがひどい場合は、少量の水をレール部分に入れ、一旦拭いてから細かい部分を掃除するようにするときれいになります。

まとめ

新聞紙のインクは窓ガラスに付着した油分などを分解して、汚れを落としやすくしてくれます。

窓ガラスを掃除するのに適した天気は、曇りで湿度が高い日です。晴れた日にガラスの汚れを落とそうとすると、かなりの時間と体力が必要になり、拭き跡が残りやすくなります。

窓掃除は外側から拭いていきましょう。汚れがたくさん付いている外側のガラスから掃除をすることで、内側を掃除するときに拭き残しを確認しやすくなります。

窓ガラス掃除に新聞紙を使えば、ツヤが出てワックス効果もあり、汚れが付きにくくなるというメリットもありますので、大掃除の際には、是非試してみてください。