フローリングの黒ずみをきれいに落とす掃除術

こまめにフローリングの床を掃除していても、気づかぬうちに黒ずみが出てくることがあります。

フローリングが黒ずむ原因はさまざまあり、その原因によって掃除の仕方が違ってきますので、まずはフローリングの黒ずみの原因をつきとめ、原因に沿った掃除の方法で、きれいなフローリングを取り戻しましょう。

フローリングの黒ずみの主な原因は3つ

1.足裏の皮脂汚れが原因

フローリングの黒ずみで一番多いのは、足裏の皮脂汚れといわれています。素足で歩くと気持ちいいフローリングですが、素足で歩き回るとすぐに汚れてしまいます。小さなお子様やペットがいるご家庭では、なおさら汚れやすいといえるでしょう。

2.カビが原因

窓の近くのフローリングが黒ずんでいる場合のほとんどは、カビが原因によるものです。室内と外の温度が違うため窓に結露が生じ、その水滴が下に落ちてカビの原因となってしまうことがあります。その水がフローリングにまで落ちるとカビが付着し、黒ずみの原因となるのです。

3.油汚れが原因

毎日料理をするキッチンのフローリングには、どんなに注意しても油が飛び散っています。さらにそれを素足やスリッパなどで踏み、リビングのフローリングに持ち込んでしまうこともあります。

まずは基本の方法でフローリング掃除

フローリングの掃除はまず、ほこりをしっかり取ることから始まります。

なぜなら、いきなり水拭きをすると、ほこりが水と合わさってそれが床に張り付いてしまい、フローリングに汚れをすりつけてしまうからです。

1.フローリング用ワイパーでほこりや汚れを取る

掃除機の前に、まずはドライのフローリング用ワイパーを使って、ほこりを取っていきましょう。先に掃除機をかけないのは、ほこりが舞い上がらないようにするためです。

ウェットタイプのフローリング用ワイパーは、フローリングが湿ってしまい、ほこりや髪の毛が床にこびりついてしまうため、あまりおすすめできません。

2.掃除機をかける

次に、フローリング用ワイパーで取り切れなかった溝の部分のほこりや汚れを取るために掃除機をかけます。掃除機のノズルはブラシタイプのものにして、フローリングの溝にそってゆっくりと掃除機をかけていきましょう。

3.雑巾で水拭き

汚れが気になる場合には、気になる部分を固く絞った雑巾で水拭きをするといいでしょう。

フローリングの黒ずみの掃除方法

1.皮脂汚れは中性洗剤を使う

水拭きだけではなかなか取れない黒ずみには、中性洗剤が効果的です。台所用や洗濯用の中性洗剤を水かお湯に溶かし、そこに雑巾を浸してから絞ります。水かお湯2リットルに対して、中性洗剤は小さじ1杯程度が適量です。

雑巾は固く絞り、水が垂れない状態にして拭き掃除していきましょう。黒ずみが落ちにくい場合は、同じ工程を何度か繰り返します。最後に固く絞ったきれいな雑巾を使って、水拭きをしてください。

自然素材のお掃除アイテムとして知られている重曹やセスキ炭酸ソーダもフローリングの皮脂汚れを落とせますが、皮脂汚れだけでなくワックスを剥がしてしまう可能性があります。

フローリングのベタつきに重曹は効果的ですが、フローリングを傷める可能性がありますし、黒ずんでしまっている場合は避けたほうが無難かもしれません。

2.取り切れないカビの黒ずみには無水エタノールを使う

カビが原因の黒ずみにも、中性洗剤を使います。まずは住宅用中性洗剤をフローリングのカビ部分に吹きかけて、しばらく放置します。カビが浮き上がってきたら、濡らした雑巾でしっかりと水拭きして拭き取ります。

カビがどうしても取りきれない場合は、水と無水エタノールを、4:6の割合で混ぜて作り、スプレーボトルに入れてカビに吹きかけて乾かし、固く絞った雑巾で拭き取ります。

ただし、この方法はフローリングが変色する可能性がありますので、この方法で掃除をする際には、目立たない場所で試してから使用してください。

3.油汚れが原因の黒ずみにはオレンジ洗剤を使う

キッチンのフローリングに飛び散ってしまった油汚れが原因の黒ずみには、オレンジ洗剤を使うと良いでしょう。

オレンジには、「リモネン」という油汚れを落とす成分が含まれており、洗浄力は抜群ですが、手肌には優しい洗剤なので、安心して使えます。

水で薄めたオレンジ洗剤を雑巾に含ませて固く絞ったら、黒ずみが気になる部分を優しくこすりましょう。黒ずみが落ちたら、しっかりと水拭きしてください。

フローリングの黒ずみを予防する方法

きれいに黒ずみを落とせたら、その状態を保ちたいものですよね。

日々の掃除を怠らず、きれいな状態にしたフローリングにワックスがけをすると、コーティング効果で黒ずみを予防することが出来ます。

ワックスやワックスシートを使わなくても、お米のとぎ汁を含ませた雑巾で拭いても、ワックスをかけたようにピカピカになります。

お米のとぎ汁には「界面活性剤」のような油が含まれており、フローリングにツヤを出すことができるのです。

これは意外と知られていない方法ですが、環境や手肌に優しいうえに経済的ですし、気軽に試していただければと思います。

フローリングの黒ずみをきれいに落とす掃除術のまとめ

フローリングが黒ずむ原因はいろいろあり、まずは基本の方法でフローリング掃除をしてから原因に沿った掃除の方法で対応しましょう。

フローリングの黒ずみの原因のほとんどが皮脂汚れなので、中性洗剤を使うことで大体の黒ずみは落とすことが可能です。

中性洗剤を使っても落とすことのできないカビの黒ずみや、キッチン周りの油汚れによる黒ずみは、今回紹介した方法を試してしていただければと思います。