武藤圭太郎建築設計事務所『SUNOMATA』

今回の建築作品インタビューでは、岐阜の武藤圭太郎建築設計事務所の作品『SUNOMATA』をご紹介します。

『SUNOMATA』は、岐阜に建つ木造で建てられた住宅です。
既存の日本庭園を継承する形で設計されており、庭石を残して解体し、大きな石についてはそのままの場所に、小さい石は敷地の中に点在させる様に再配置しています。南側に空地をとるというこの街区のルールを継承しつつ、庭と建築の関係を等価にするべく層状の空間をクランクさせて配置しています。
既存の日本庭園を再構成し、建物の建ち方を再編集することは、敷地全体をリノベーションすることであるため、建物以外の敷地全体を通してとてもデザイン性の高い建築作品になっています。

1.施主さんとの出会い

Q.施主さんは何を見て問い合わせをしてきましたか?

工務店が主催する建築相談会(イベント)です。

Q.施主さんが武藤圭太郎建築設計事務所に問い合わせしてきた動機はなんですか?

相談会の時の会話した雰囲気や、過去の物件をご覧になってです。

Q.施主さんは初期問い合わせ時にどのくらいの情報量(知識)をお持ちでしたか?

他の設計事務所にプランをしてもらった後に、私からのプレゼンテーションを受けられました。

Q.複数のプランから選ばれた決め手は何になりますか?

プランとデザインを気に入って頂いてになります。

2.契約に至るまで

Q.契約までに要した打合せ回数は大凡合計何回になりますか?

プラン掲示後3回です。

Q.初回の打合せでどのような要望がありましたか?

二世帯住宅。バリアフリー。既存宅の建て替えの計画のため、元々日本庭園に対して何かしらの敬意を払いたいが、モダンなデザインが好き。白く抽象的な外観。明るく風通しの良い家。などの要望がありました。

Q.図面などの具体的な提案は何回くらい提案しましたか?

1回です。

Q.この物件の設計監理契約に至るまで特に苦労したポイントはどこですか?

コストのコントロールです。

Q.施主さんがこの物件の設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

デザインと住みやすさが両立している事をこだわられてました。

3.実施設計から工事まで

Q.見積もりは大凡何回くらい提出しましたか?また、複数の工務店から相見積もりを取りましたか?

概算見積と精算見積の2回です。工務店主催のイベントの為、相見積はありませんでした。

Q.工務店の選定はどのように行いましたか?施主さんの指定はありましたか?

指定はありませんでした。

Q.キッチン、バス・トイレ、照明など、各種メーカー選定はどのように行いましたか?また、予算的に断念したことはありましたか?

設計事務所側からの提案になります。ショールーム見学にて確認してもらいました。仕上や収納の引き出しの量に関しては予算的に断念した部分も有ります。

Q.この資材を使って欲しいなど特殊な要望はありましたか?

白く、シンプルなイメージになる素材選びを要望されました。

Q.施主さんがこの物件の実施設計で一番重要視したこだわりはどこですか?

バリアフリーと2世帯ならではの収納配置をこだわられました。

4.工事から完成まで

Q.工事〜完成までどのくらいの期間を要しましたか?

8ヶ月程度です。

Q.工事に入った後に施主さんから追加の要望はありましたか?また、それは実施されましたか?

トイレの手洗いカウンターの壁面が汚れるため、メラミン貼りとしました。

Q.この物件の工事時に一番大変だった所はどこですか?

外形はシンプルに見えるが、軸組が少し複雑なところです。シンプルに見せるための素材通しの取り合いが大変でした。

5.完成から入居後について

Q.入居後すぐに水漏れなどの初期不良は発生しましたか?

建具の建て付けが悪いなど、軽微な不良がありました。

Q.何年かしてから経年劣化が現れた所はありましたか?また、それに伴うメンテナンスも変わらず行ってますか?

ウッドデッキや、外壁のレッドシダー張りに経年変化が現れています。塗装するなどのメンテナンスは行って頂いています。

Q.施主さんと完成後に個人的に会ったりなど関係性は続いてますか?

SNSでのやり取りや食事などにたまに行きます。

SHARE
Previous articleフローリングの黒ずみをきれいに落とす掃除術
Next article武藤圭太郎建築設計事務所『KAWATE』
住宅づくりは、とても楽しい作業です。完成後の事は勿論、プレゼンテーションや現場中など完成までのプロセスも楽しんで頂けるよう、努力していきます。 それぞれの敷地のポテンシャルやクライアントの要望を生かしながら、自然や家族とのコミュニケーションを感じる、新しい豊かさや心地よさを追求していきたいと考えています。