安心で便利!重曹を使ったフローリング掃除術

フローリングの床は、掃除をしてキレイにしたと思っていてもすぐにザラザラしたり、ベタベタしたりして汚れてしまいます。
小さなお子様やペットがいるご家庭では、「すぐに汚れるけど、できれば市販の合成洗剤は使いたくない」と思っている人も多いことでしょう。
その点、「重曹」は、注意して使えば、安全で非常に便利な洗剤といえます。
今回は、人や環境にやさしい重曹を使ったフローリング掃除の方法をお伝えします。

重曹は皮脂汚れや油汚れを落とすのに効果的

フローリングの汚れの原因のほとんどは、足の裏から出る皮脂汚れとキッチンから飛び散る油汚れです。これらの油によってフローリングがザラザラやベタベタ汚れになるのです。
皮脂汚れや油汚れは、酸性成分の汚れなので、水拭きだけではキレイに落とすことはできません。
「重曹」は、肌にそれほど刺激を与えない弱アルカリ性で、油汚れや皮脂汚れをキレイに落とす効果がある上に、消臭効果もあり、皮脂が付着してベタついたフローリングや油汚れが付きやすいキッチンのフローリング、ガスコンロや換気扇の掃除などにも適しています。

重曹スプレーを使ってフローリングの汚れを落とす

フローリングの皮脂や油によるベタつきや黒ずみなどには、重曹を水に溶かした「重曹スプレー」を吹きかけ、固く絞った雑巾で拭きあげて汚れを落とします。
雑巾が真っ黒になるほどきれいに汚れを落とすことができ、頑固な汚れを防ぐこともできるので、1回の掃除がラクになります。

重曹スプレーの作り方

30℃くらいのぬるま湯1カップ(200ml)に、重曹小さじ1/2杯を入れて溶かし、スプレーボトルに入れます。
重曹スプレーを作る際の注意点は、必ず30℃くらいのぬるま湯で重曹を溶くということです。
65℃以上の熱いお湯で重曹を溶くと、炭酸ナトリウムと二酸化炭素と水に急速に分解されて、強いアルカリ性になり、肌荒れを起こす可能性が高くなるので、温度管理には十分に注意してください。

重曹スプレーを使った掃除方法と注意点

掃除の仕方は、とっても簡単で重曹スプレーをフローリングに吹きかけ、しっかり絞った雑巾で拭き取るだけで、皮脂汚れや油のベタつきなどをきれいに落とすことができます。
このようにフローリングの汚れを落とすのに効果的な重曹ですが、フローリングのワックスを溶かしてしまったり、変色してしまう可能性もあります。
フローリングの掃除に重曹を使う場合は、重曹の濃度は低めにして使用するようにしましょう。
全体の掃除を始める前に、部屋の隅の方などで少し試してみてから使うようにしたり、汚れが激しいところにだけ使うようにしたり工夫して使ってみてください。

手荒れなどにも注意

重曹が皮脂汚れを落とすのに効果的なのは、アルカリがタンパク質を分解する性質を持つためです。
皮膚もタンパク質でできているため、濃度が高い場合や長時間触れていた場合は、手荒れしてしまう可能性もあります。
皮膚が弱い人や重曹水を長く使う場合などは、ゴム手袋などを着用したほうが安心です。
口に入れても安心といわれている重曹ですが、まったく影響を及ぼさないというわけではありませんので、特に小さなお子さんが口にしないように注意しましょう。

重曹を使ったフローリング掃除のまとめ

1.重曹は皮脂汚れや油汚れを落とすのに効果的

重曹は弱アルカリ性なので、水拭きだけではキレイに落とすことができないフローリングの油汚れや皮脂汚れなど酸性の汚れを落とすのに効果的で、人や環境にやさしい洗剤です。
雑巾が真っ黒になるほどきれいに汚れを落とすことができ、頑固な汚れを防ぐこともできます。

2.重曹スプレーの作る際の注意点

重曹スプレーを作るときには、重曹を30℃くらいのお湯で溶かす際に注意が必要です。
注意さえすれば、安全安心で、キレイに汚れが落ちる洗剤ができあがります。

3.重曹スプレーを使った掃除方法と注意点

掃除の仕方は、とっても簡単で重曹スプレーをフローリングに吹きかけ、しっかり絞った雑巾で拭き取るだけです。
フローリングの汚れを落とすのに効果的な重曹ですが、フローリングのワックスを溶かしてしまったり、変色していまう可能性もあるので目立たない場所で試してから掃除を開始してください。

4.手荒れなどにも注意

重曹に触れたり、口に入れてしまったりした場合、体にまったく影響がないというわけではありません。
皮膚が弱い人や重曹水を長く使う場合などは、ゴム手袋などを着用したほうが安心です。
個人差がありますが、重曹に反応が出る可能性もありますので、特に小さな子供さんが口にしないように注意してください。